合同製鐵株式会社
ニュースリリース一覧 サイトマップ お問い合わせ 個人情報等の取扱いについて ENGLISH
トップページ 会社案内 IR情報 環境保全 製品紹介 採用情報 電子広告
会社案内
会社概要
社長挨拶
企業行動指針
組織図
役員
事業所紹介
沿革
社内報紹介
鉄ができるまで
主要関係会社
社長挨拶
合同製鐵株式会社 代表取締役社長 明賀 孝仁    当社は、昭和12年から半世紀以上にわたり培ってきた製鉄技術をもとに、土木建築分野での主要工法である鉄筋コンクリート構造を支える鉄筋用棒鋼、様々な都市インフラに活用される線材や形鋼、産業機械などの主要部材となる構造用棒鋼など、まさにインフラを支える鉄鋼製品の提供を通じて社会に貢献してまいりました。

 またこの間、生産技術・商品技術の進歩に常に取り組み、建設分野での生産性向上を果たす鉄筋の機械式結合方法や高強度鋼開発、需要家での加工性改善や省工程を図る鋼材の提供など、常に社会や需要家からの要請に応えてきました。  
 世界規模で鉄鋼生産が拡大していますが、鉄鋼先進国であるわが国では既に一旦利用を終えた鉄鋼製品である鉄スクラップの発生規模が、量的には国内でのインフラ形成の中核である土木建築分野の鉄鋼生産を支えるのに十分な状況となっています。
 国産資源である鉄スクラップを少ないエネルギーで再び社会資本の形成に役立てるという、当社が担う「鉄」資源再利用の役割は益々重要になっております。
 人と技術と自然環境の調和、合同製鐵グループは鉄の未知なる領域とその可能性を追求して着実に前進してまいります。
合同製鐵株式会社 代表取締役社長
明賀 孝仁
この画面の最上部まで戻る